【行政書士試験:試験概要】行政書士試験の詳細をまとめました。

どうもみなさんこんにちは、Flybirdです。

初めて行政書士試験を受験する方は、まず行政書士試験の概要を知りたいのではないのでしょうか。

そこで、初めて受験する方向けに、本記事で、行政書士試験の

  • 試験概要(試験日程・合格率・試験範囲・合格点 など)
  • 行政書士試験の学習のポイント
  • 行政書士試験の勉強方法
  • 合格体験記

をまとめました。

行政書士試験を知る上で、参考になりますと幸いです。

目次

試験の概要

試験日程・試験時間など

以下が試験概要になります。

  • 試験日:毎年11月第2週の日曜日
  • 試験時間:13:00~16:00 (計3時間
  • 試験場所:全47都道府県で実施
  • 受験手数料:7000円
  • 申込期間:7月下旬から8月下旬頃(※インターネット申込も可)

特筆すべきは、試験時間の長さです。3時間あります。

宅建等の他の資格試験の試験時間は、大体は2時間に設定されていますので、長丁場な試験といえます。

しかも、問題量も多いため、時間が余ることはありません。

3時間の長時間に耐えるだけの集中力が必要とされます。

試験時間が「3時間」と、他の試験と比較して長時間

受験者・合格率

行政書士試験の過去11年度分の受験者数・合格者数・合格率は、以下の通りとなっております。

年度受験者数合格者数合格率
令和3年度47,870人5,353人11.2%
令和2年度41,681人4,470人10.7%
令和元年度39,821人4,571人11.5%
平成30年度39,105人4,968人12.7%
平成29年度40,449人6,360人15.7%
平成28年度41,053人4,084人10.0%
平成27年度44,366人5,820人13.1%
平成26年度48,869人4,043人8.3%
平成25年度55,436人5,597人10.1%
平成24年度59,948人5,508人9.2%
平成23年度66,297人5,337人8.1%

過去10年で一番受験者数が多かった年が平成23年度(2011年)で、受験者数が「66,297人」でした。一番受験者数が少なかった年が平成30年度(2018年)の「39,105人」です。一時期は、受験者はピーク時の約60%に落ち込みました。

令和3年度は、コロナの影響もあってか、受験者が増えていますが、それでもピーク時には達していません。

来年以降の傾向も読めませんが、少なくとも約40000程度を推移するのではないでしょうか。

しかし、受験者数が減っている影響もあってか、合格率が徐々に上昇しています。(近年では、10%以下になった年はありません。

以上により、昔に比べると若干合格しやすくなっている傾向が伺えます。

ただ、今だ約10人に1人しか合格できない試験ですので、国家試験の中では難易度の高い試験に分類されます。

合格率は約10%。昔より合格率は下がっているものの、未だ難関試験

試験範囲

試験範囲は、大まかに分けて法令科目一般知識科目の2つに分けられます。

  • 法令科目:法令基礎・憲法・行政法・民法・商法
  • 一般知識:政治/経済/社会・情報通信/個人情報保護・文章理解

合格点

行政書士試験は、全300点中180点(全体の60%)が合格点となっています。

この「180点」は、毎年変わりません。いわば絶対基準となっております。試験の難易度により平均点が増減する場合も考えられますが、180点獲得すれば合格となります。

全体の300点が占める配点は以下の通りです。

  • 法令科目244点(合計46問)
  • 一般知識56点(合計14問)

なお、法令科目は5割(122点)以上一般知識で4割相当(24点)以上得点しないと、足切りにかかってしまうので、注意が必要です。

出題形式

出題形式及び各配点は以下の通りです。

  • 5肢選択式 … 5つの選択肢の中から正しいものを回答する形式(1問4点
  • 多肢選択式 … 複数の選択肢の中から正しいものを回答する形式 (1問8点:計4解答
  • 記述式  … 記述(40字)による形式 (1問20点

この中で、多くの受験生が苦戦するのが「記述式」だと思います。

記述式でいかに点数を稼げるかが合格の分かれ道かもしれません。

得点配分

以下、300点の内訳を、試験範囲・出題形式・配点ごとに分類しました。

[table id=4 /]

学習のポイント

以上を踏まえた、行政試験の学習におけるポイントは次の3点です。

①本番の時間配分に注意する。

試験時間が3時間と長いものの、問題数が60問(※記述式含む)と多いため、うっかりしていると、時間切れとなってしまう恐れがあります。

試験が始まったら、どの問題から解いていくか、各問題にどのくらい時間をかけるか、本番の方針を決めておきましょう!

※私がおすすめする試験の回答順番&時間配分については↓の記事をご覧ください。

flybirdの資格Blog
本番の時間配分&解く順番のおすすめを合格者が解説します。【行政書士試験】 | flybirdの資格Blog どうもみなさんこんにちは、Flybirdです。 行政書士試験の問題は、記述式も含め全部で60問あります。試験時間は3時間あります。他試験に比べてて問題量も多く、時間も長い...

②足切りに注意する。

上述の通り、行政書士試験には、法令科目50%、一般知識約40%の足切りが存在します。

このうち、足切りにかかりやすいのは、一般知識」です。

私は一般知識は最低限の学習で良いと考えていますが、足切りにかかってしまっては元も子もないので、得点策略は事前に練っておきましょう

一般知識の足切り対策に関する記事は↓

flybirdの資格Blog
【一般知識科目】足切り対策・勉強方法について【行政書士】 | flybirdの資格Blog どうもみなさんこんにちは、Flybirdです。 行政書士試験の科目は、大きく「法令科目」と「一般知識科目」の2つに分類され、それぞれに足切り基準があります。出題数も多く...

③記述式の対策を怠らない。

単なるマーク試験ではなく、3問分は記述式が出題されます。

3問合計の配点は60点で、全体の20%を占めています。

とすると記述式を捨てるのは賢明ではありません

日頃から記述式対策用の学習にも取り組んでおきましょう。

※私がおすすめする記述式の対策は↓の記事をご覧ください。

flybirdの資格Blog
【記述式】40文字の記述式対策について(『捨てる』で良い。)【行政書士】 | flybirdの資格Blog どうもこんにちは、Flybirdです。 行政書士試験の記述式対策に悩んでいませんか? 私は、令和2年(2020年)度の行政書士試験の記述式で、60点中42点獲得することが出来し...

各科目の勉強方法

試験範囲も広いことから、科目別に対策を立てるのがおすすめです。

おすすめの科目別の勉強方法について、「法令科目」「一般知識」に分けて、別記事にて紹介しております。こちらをご参照ください。

「法令科目」に関してはこちら↓

flybirdの資格Blog
【行政書士試験:法令科目編】『法令科目』の科目別の対策方法と、おすすめの勉強順番 どうもみなさんこんにちは、Flybirdです。行政書士試験の試験範囲は、大きく分けて「法令科目」と「一般知識科目」の2つに分けられます。このうち「一般知識」に関しては、...

「一般知識」に関してはこちら↓

flybirdの資格Blog
【一般知識科目】足切り対策・勉強方法について【行政書士】 | flybirdの資格Blog どうもみなさんこんにちは、Flybirdです。 行政書士試験の科目は、大きく「法令科目」と「一般知識科目」の2つに分類され、それぞれに足切り基準があります。出題数も多く...

合格体験記

幸いにも、私は2020(令和2年度)年に行政書士試験に合格することが出来ました。

合格体験記に関しましては、↓の記事で紹介しておりますので、今日を持っていただけた方は、こちらもご覧ください。

flybirdの資格Blog
【3か月で合格】勉強時間は?2020年行政書士試験の合格体験記 どうもみなさんこんにちは、Flybirdです。行政書士試験は、いわゆる「難関資格」といえますが、私は幸いにも令和2年(2020年度)の行政書士試験に一発合格することが出来ま...

まとめ:行政書士試験の概要を知った上で試験対策を始めよう。

はい、いかがでしたでしょうか。

行政書士試験はそれなりに難易度が高く、ある程度の勉強時間が必要になる試験なります。

行政書士試験の特徴を踏まえた上で、試験に向けた勉強を始めましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次