【建設業経理士1級】合格までの勉強時間・勉強方法・難易度まとめ【合格体験記】

どうもみなさんこんにちは、Flybirdです。

建設業界で重宝される資格試験の1つが、「建設業経理士試験(建設業経理事務士試験)」(※正式名称は「建設業経理検定」)です。いわゆる、簿記の建設業界ver.の試験であり、勘定科目などが問われる試験です。

建設業経理士試験は、1級~4級までありますが、特に1級難易度が高いです。合格率は平均すると20%前後ですが、試験回によっては合格率が10%台になることもあります。

また、1級の場合は3科目合格制ですが、1科目ごとに勉強時間が100時間程度必要とされており、1か月や2か月程度の勉強で合格するのは難しいです。特に、なかなか勉強時間が取れない社会人の方の場合、数ヶ月にわたり試験勉強を続ける必要があります。

これから建設業経理士1級の勉強を始めようと思っている方、もしくは始めたばかりの方ですと、合格できるか不安に思うかもしれません。

私は、2019年9月に、建設業経理士1級3科目に独学で合格することが出来ました。

そんな私が合格体験記として、本記事にて以下の事項をまとめました。

  • 3科目合格までに要した総勉強時間
  • 建設業経理士1級の受験理由
  • 使っていたテキスト
  • 3科目の勉強の順番、勉強方法
  • 試験本番のエピソード・失敗談

合格を目指す皆さんにとって、少しでも参考になりますと幸いです。

目次

建設業経理士1級の受験歴(一度不合格)・総勉強時間(270時間)

まず私の総勉強時間と受験歴をお伝えします。以下、表でまとめました。

受験回財務諸表財務分析原価計算受験回までの勉強時間
2018年9月合格100時間
2019年3月合格不合格150時間
(諸表100時間+分析50時間)
2019年9月合格20時間
合計約270時間

念のため、合格証明書も添付しておきます。(令和元年=2019年です。)

以下、私の勉強方法や受験経緯について、時系列にて紹介します。

2018年4月頃:建設業経理士試験の存在を知る。

私は大学院を卒業後に司法試験を受験したこともあり、中途採用として2018年1月に初めて会社に入社し、社会人生活をスタートさせました。その会社は建設業界でしたが、入社して約3か月後の2018年4月に、建設業経理士試験の存在を知りました。

前提:勉強を始めた理由について

建設業界にお勤めの方なら既にご存じだと思いますが、従業員が建設業経理士1級または2級を取得していると、その会社の「経営事項審査」の評点が上がります。そのため、建設業経理士の資格が重宝されます。

上記のメリットがあることから、上司に資格取得を勧められたこともあり、勉強を始めました。

当時のステータス:簿記に関しては全くの無知

私は元司法試験受験生ということもあり、法律に関しての知識はある程度有していました。しかし、簿記に関する知識は全くありませんでした。

「え、簿記?なんそれ、おいしいの?」

本当そんな状態から勉強を始めました。(笑)

2018年4月頃~:建設業経理検定2級の勉強開始

建設業経理士試験の受験を決意した2018年4月頃から、早速、建設業経理検定の勉強に取り掛かりました。

建設業経理検定は全部で1~4級までありますが、1級または2級試験に合格した場合のみ、経営事項審査で有利となります。そこで、まずは2級の勉強を始めました。

経営事項審査にメリットがあるのは1級または2級保持者です。
(1級または2級合格者は「建設業経理士」という名の肩書が与えられます。3級または4級合格の場合だと、「建設業経理事務士」という名の肩書が与えられますが、経営事項審査の評価対象となるのは、「建設業経理士」だからです。)

勉強方法・使用したテキスト

1級・2級ともに、インプット+アウトプットを並行して行うというオーソドックスな勉強方法でした。特段変わったことはしていません。

私が使用したテキストは、定番の「スッキリシリーズ」です。インプットに利用しました。

テキストを選ぶ際には、自分で書店に赴いて何冊か手に取って内容を見てみましたが、やはりこのテキストが一番分かりやすいように感じました。

なお、アウトプットとしては、ひたすら過去問を解いていました。

ちなみにですが、私は過去問集は購入しませんでした。公式HPや予備校サイトに過去問やその解説が掲載されていたので、適宜印刷して問題を解きました。

なお、私は2級に限らず1級でも、建設業経理士試験の勉強において予備校の講座等は受講せず、全て独学でした。
私の周りでも予備校を使っている方は少なかったと思います。
ですので、建設業経理士試験は十分独学で合格可能な試験だと思います。

勉強時間

1日平均1~2時間勉強していたので、勉強時間は約50時間程度かと思います。

もちろん個人差はありますが、2級はそこまで難易度が高くないので、50時間程度勉強すれば、十分合格レベルに達することは可能だと思います。

なお、私は社会人ですので昼間は勉強時間に充てることは出来ませんでしたので、出社前または退社後に勉強をしてました。

朝は、早め(6時30分頃)に自宅(社員寮)を出て会社近くのカフェに行き、30分~1時間程度勉強してました。(たまにサボるときもありましたが。(笑))早めに退社できた日の夜には、自宅または会社近くのカフェ30分~1時間程度勉強していました。

やっていた勉強内容に関しては、下記の通りです。

朝:インプット … テキストの内容を確認
夜:アウトプット … 過去問を解き、理解できなかった問題を復習

インプット:アウトプットを1:1になるように意識しつつ勉強していました。

2018年5月下旬頃~:建設業経理検定1級(原価計算)の勉強開始

建設業経理検定(1級と2級)は、毎年3月2週目の日曜日9月2週目の日曜日に実施されるので、直近の2018年9月に開催される2級の試験に合格出来れば良いな、と思っておりました。

しかし、勉強開始から1か月程度で、2級の合格点前後の点数を取れるレベルに到達できました。

個人差はあるかと思いますが、2級の難易度は高くないので、1ヶ月程度の勉強で合格することも可能です。

合格レベルに達しているにも関わらず、9月の試験まで4か月程ありました。4か月間何も勉強しないのももったいなく思いました。「せっかくなので、2級は受験せずに、難易度の高い1級からチャレンジしてみよう!」と思い、5月の下旬頃から1級の試験勉強を始めました。

※建設業経理士試験は、なぜか1級と2級の併願が出来ません。

建設業経理検定1級は「財務諸表」「財務分析」「原価計算」の3科目あります。
4か月の勉強で3科目同時合格するのはさすがに無理だ、と感じたため、まずは1科目を合格することを目標としました。

私も勉強を始めたばかりの頃は、3科目の試験の傾向や難易度を把握できておらず、どの科目の勉強から始めればよいのかよくわかっていませんでした。試験名を見た感じで、なんとなく他の2科目とは特徴が違っていそうな原価計算から受験することにしました。

建設業経理検定の試験申し込みは、大体4~3か月前に始まります。
9月試験の申し込み受付開始が5月中旬頃だったと思うので、本格的に勉強を始めたのは試験申込後だったと記憶しています。

2018年9月:1級(原価計算) 一発合格

1級は2級より難易度が高いので、1か月程度の勉強で合格点に達するのは難しかったです。ただ、試験まで4か月弱の期間があり、勉強時間を十分に確保できた結果、無事原価計算の試験に一発合格することが出来ました。

なお、建設業経理検定は、「合格者番号」しか開示されないため、本番の点数は分かりません。自己採点では、74点程度(合格点は70点)取れていました。

「原価計算」の合格に要した勉強期間は4か月弱で、総勉強時間は100時間程度でした。(勉強方法は、2級の勉強方法と変わりはありませんでした。)

2018年11月下旬頃~:1級(財務諸表・財務分析)の勉強開始

1級は全部で3科目あります。せっかく1科目受かったので、残り2科目の「財務諸表」「財務分析」も受験することにしました。次回の試験は2019年3月で、原価計算の合格発表時から数えて4ヶ月弱程度の期間しかありませんでしたが、簿記系試験のコツをつかんだような気がしたので、残り2科目は同時申し込みました。

試験の申し込みをした11月下旬ごろから、2科目の勉強を開始しました。

なお、原価計算の合格発表は11月だったこともあり、9月~11月の間は特に何も勉強できていませんでした。(合格できているか確信がなかったので、サボってしまいました。)

2019年3月:1級(財務諸表) 一発合格
      1級(財務分析) 不合格…。

受験科目が2科目ということもあり、勉強時間は4か月で150時間程度でした。
なお、難易度的に言えば財務諸表>財務分析ですので、財務諸表100時間財務分析50時間程度勉強しました。

試験終了後、予備校速報を見て自己採点をした結果、財務諸表は72点程度でギリギリ合格ラインに達していましたが、財務分析は66点程度しかありませんでした…。

財務分析は、財務諸表以上に手ごたえがあり、何かおかしい…。と思い検証してみたら、

3問(6点分)計算ミスがあったことに気付く…。

ミスに気付いたときは一人で泣いてましたね。(笑)

正確に言えば、計算ミスではなく、電卓のボタンの押し違いでした。「00」のボタンを押したつもりが「0」になっていたため、計算結果が一桁ずれているという。
ex)「3.4%」が正解の問題を、「0.34%」と回答していた。

本当、「電卓」にこだわった方がいいなと痛感させられました。「財務分析」って、結局電卓ゲーですからね。

みなさんも、受験の際には、「電卓」にはこだわりましょう。

2019年9月: 1級(財務分析) 2回目の受験にて合格 →3科目合格

試験本番の反省を踏まえ、試験前には新たに電卓を買い直しました。

私は買った電卓は、「JS-20WK」です。大きな家電量販店に自ら赴いて、いろんな電卓を試してみた結果、こちらが一番使いやすかったです。

再度、財務分析を受け直した結果、無事合格出来ました。

計算ミスがなければ合格出来ていたこともあり、2019年3月~2019年9月はほとんど勉強はしていませんでした。勉強時間は20時間程度です。学習したことを忘れない程度に、過去問をただただ解いていた気がします。

ちなみに、自己採点の結果、80点くらい取れてました。
(まあ、本当なら前回の試験で受かっているはずだったので、そりゃそうなりますが。)

2019年11月:合格証明書が届く

3科目合格したので、このタイミングで初めて合格証明書が届きます。

※成績通知はないので、1科目受かっただけでは、試験本部から通知などは何もありません。3科目合格したタイミングで初めて合格証明書が届きます。

ちなみに、建設業界に勤めている場合、建設業経理士1級の証明のため、合格証明書の写しを会社に提出することになると思います。その際、周りからとても褒められて、嬉しかったのを覚えています。

まとめ:結局、私は1科目ずつ合格しました。

はい、いかがでしたでしょうか。

私は1科目ずつ順番に勉強をしましたが、おおよその目安として

独学の場合、1科目に2ヶ月程度の勉強時間が必要

と思ってもらえばよいでしょう。

人によって「1科目ずつ確実に合格したい!」という方もいれば、「3科目同時に合格を目指したい!」という方もいらっしゃるかと思います。
以上の私の体験談をもとに、どのくらい勉強時間をかけられるか等を考慮の上で、自分に合った方法で合格までのプランを立ててみて下さい!

※建設業経理検定1級は、「最初の1科目合格から5年(※試験回数は10回)以内に3科目合格出来ればOK」です。1科目ごとに合格を目指す場合は、最初の科目に合格してから5年以内に残りの科目も合格出来るようにしましょう。

この記事を見ている皆さんには、ぜひ、全科目一発合格を目指してほしいです!

補足:3科目同時合格を目指す場合は、予備校がおすすめ!

私の経験上、3科目同時合格を目指す場合、独学だとかなり厳しいです。同時合格を目指す猛者には、予備校の受講をおすすめします。

私は、「Net-school」をおススメしています。よろしければ以下のボタンより、詳細をご確認ください。

なお、私の受験経験を踏まえた上で、私のお勧めする科目の勉強順番を解説しておりますので、併せてご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • おはよう御座います。
    建設業経理士1級 独学で検索してたどり着きました。
    2023年9月の試験を受けようと思っています。
    3科目1発合格を目指しています。
    とても参考になりました。
    有難う御座いました。

    • コメントありがとうございます。
      参考になったとのことで、この記事を作成した甲斐がありました。

コメントする

CAPTCHA


目次