【2024年度最新版】マンション管理士試験のおすすめテキスト・問題集5選

どうもみなさんこんにちは、Flybirdです。

マンション管理士試験の合格に必要な勉強時間は400〜600時間と言われています。難易度の高い試験ではありますが、独学で合格することは可能です。

独学で勉強する場合、まずは市販のテキストを購入することになります。ただ、マンション管理士試験のテキストの種類は多いので、どのテキストを選べばよいか悩んでいませんか

また、マンション管理士試験と試験範囲が類似する、管理業務主任者試験との2つの試験対策用として出版されているテキスト(「W合格用」)もあれば、マンション管理士試験対策に特化して出版されているテキスト(「マン管特化型」)もあり、どちらを選べば良いか悩んでいませんか

私は、2022年度のマンション管理士試験(と管理業務主任者試験)に合格することができました。

そんな私が、本記事にて、テキストの選び方、おすすめのテキストを紹介します。テキスト選びに悩む方にとって必見の内容となっておりますので、最後までご覧いただけますと幸いです。

目次

※テキストの名称は、「W合格用」でも「マン管特化型」でもOK

結論から言うと、マンション管理士試験対策にテキストを購入する場合には、「W合格用」のテキストでも、「マン管特化型」のテキストでも、どちらでもOKです。

なぜなら、マンション管理士試験と管理業務主任者試験の試験範囲はほぼ同じだからです。強いて言えばマンション管理士試験の試験範囲の方が、管理業務主任者試験の試験範囲よりも広いですが、マンション管理士試験の学習をすることで、管理業務主任者試験の勉強も兼ねている、と言えます。

管理業務主任者試験用に特化したテキストについては、以下の記事で解説しております。

おすすめの基本テキスト5冊

オススメする基本テキストは5冊ありますので、各テキストをランク付けしました。

スクロールできます
テキスト
(※略称)

速習テキスト

出る順

Wマスターテキスト

総合テキスト

マンガはじめて
ランキング1位2位3位4位5位
定価
(税込)
3,080円4,180円3,410円1,980円
1,980円
2,090円
2,970円
出版社TACLEC早稲田経営出版TAC住宅新報
タイプマン管理特化型W合格用W合格用W合格用W合格用
ページ数812p1185p676p1104p
(上:356p)
(中:336p)
(下:412p)
510p
電子書籍ありありなしなしなし
読者特典オリジナルレジュメ関連法規改正冊子なしオリジナルレジュメなし
特徴マン管特化本情報量が多いコンパクト簡易な説明マンガ本
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

テキストの種類

マンション管理士試験のテキストの種類は、「インプット教材」「アウトプット教材」の2つに分類できます。

インプット教材アウトプット教材
基本テキスト
一問一答集
過去問題集
予想問題集(予想模試)

単純に「おすすめテキスト◯選」としてテキストを紹介する記事もありますが、テキストの種類を整理しないと分かりにくいです。

テキストの種類の中では、試験に必要な知識をインプットする「基本テキスト」選びが一番重要です。そのため、まずは自分にあった基本テキストを購入した上で、必要に応じてアウトプット教材を買い足すのがオススメです。 

各テキストを紹介

おすすめのテキスト5冊の特徴・メリット・デメリットを解説します。

TAC:2024年度版 らくらくわかる! マンション管理士 速習テキスト

引用:TAC出版書籍販売サイト”CYBER BOOK STORE”https://bookstore.tac-school.co.jp/pages/add/lp/rakuraku/
定価ページ数カラー電子書籍
3,080円812p2色

TACが出版する、マンション管理士試験に特化したテキストです。

他のブログでもおすすめする方が多いですが、私も本テキストを1番おすすめします!

レイアウト・構成
テキストは黒2色刷りです。
章単位で頻出度、項目単位で過去10年の出題実績が掲載されているので、重要ポイントを整理できます。イラスト図表も豊富で初学者でもスラスラ読み進めることができます。本文内の重要語句には赤字太字で装飾、側注部分に「用語」の説明などの補足を入れるなど、メリハリをつけた学習も可能です。

その他、暗記事項を『POINT整理』に集約、区分所有法編では「重要判例」章を設けるなど、論点整理にも使いやすい構成のテキストです。

章末には確認問題が掲載されており、問題を解くことで知識を定着させることができます。

ページ数は800p程度で比較的コンパクトな部類ですが、マンション管理士試験に特化していることもあり、学習すべき内容がコンパクトにまとめられ、合格に十分な知識が身につきます。
読者特典・その他
「TAC情報会員」へのWeb登録で、法改正情報等を網羅したTACマンション管理士・管理業務主任者講座制作のオリジナルレジュメを無料で入手できます。
また、2023年度より電子書籍版も出版されました。移動中の学習がメインの方は、電子書籍版の購入がオススメです。
デメリット・ランキングの理由
フルカラーではない点が惜しいですが、マンション管理士試験の市販のテキストにフルカラーテキストはないため、デメリットとは言えません。その他目立った欠点もなく、非常に使いやすいテキストなので、ランキング1位とさせて頂きました。
良い点
悪い点
  • イラストや図解が多く読みやすい。
  • マンション管理士試験に特化。
  • 特になし。

本テキストを選んだ場合、必要に応じて、以下の「入門書」・「一問一答集」・「過去問題集」・「直前予想模試」を購入しましょう。

  • 入門書
定価ページ数カラー電子書籍
1,980円276p2色
特徴
①フルカラーの「オリエンテーション編」と、「入門講義編」の2部構成
②イラストや板書を使って合格に役立つ知識をスッキリまとめ
  • 一問一答集
著:TACマンション管理士講座
¥2,090 (2024/07/22 09:21時点 | Amazon調べ)
定価ページ数カラー電子書籍
2,090円524p2色×
特徴
①過去の全問題(23年分)から1000肢を厳選、「一問一答」形式で収録
②使いやすいコンパクトサイズ
③問題・解説で見開きのレイアウト
④一問ごとに「S~C」4段階の「重要度」表示
⑤解答を隠せる「赤シート」付き
  • 過去問題集
著:TAC株式会社(マンション管理士講座)
¥2,750 (2024/07/22 09:21時点 | Amazon調べ)
定価ページ数カラー電子書籍
2,750円860p2色×
特徴
①過去問合計10年分(本書内:8年分+購入者特典:2年分)を収録
②解答解説はテーマ別に見開き構成に収録
③手軽に持ち運べて使いやすい、分解可能な2分冊セパレート形式
④学習の優先順位を指南する「重要度」(特A〜C)付き
⑤「頻出・ひっかけ・ハイレベル」3種類のアイコンによって各肢を分析
  • 直前予想模試
著:TACマンション管理士講座
¥1,980 (2024/07/16 10:54時点 | Amazon調べ)
定価ページ数カラー電子書籍
1,980円280p2色
特徴
①3回分(計150問)を難易度別に収録
②巻頭に特集『令和6年度本試験・必勝対策』を収録

③問題は取り外して使用可、本番の擬似体験可能
④各回の解説冒頭には『正解・出題項目一覧&成績診断』表を掲載
⑤各問題には「A・B・C」3段階の難易度ランクを設定

LEC:2024年版 出る順マンション管理士・管理業務主任者 合格テキスト

Amazon商品ページより引用
定価ページ数カラー電子書籍
4,180円1185p2色

LECが出版する、出る順シリーズのW合格用テキストです。

私は、管理業務主任者試験では本シリーズのテキストを使用しました。

レイアウト・構成
テキストは黒2色刷りです。
各章の導入で「重要度(S〜C)」「学習のポイント」が掲載されており、学習のポイントをあらかじめ整理できます。
学習項目ごとに、過去10年の出題実績がアイコンで表記されている他、イラスト図表も豊富でわかりやすく、本文内の重要語句を太字で装飾、側注部分に「キーワード」「ワンポイント」などの補足を入れるなど、メリハリをつけて読み進めることができます。

ページ数は約1200pと、市販のテキストの中では1番分量が多く、試験範囲の網羅性という意味では申し分ありません。本テキストの内容を全て理解することができれば、合格する可能性はかなり高くなります。本テキスト自体は厚いですが、3冊に分冊することができるので、持ち運びには困りません。また、本テキストは電子書籍版が出版されており、移動中の学習がメインの方は電子版を検討しましょう。
https://www.lec-jp.com/mankan/book/goukaku.html
読者特典・その他
購入者様専用Webページからのご応募することで、「2024年度関連法規改正冊子」を入手できます。試験に出題されることも多い改正点を把握できるので、併せて申し込みましょう。 
デメリット・ランキングの理由
分量が多く、テキストの通読に時間を要する点が若干気になりますが、情報量が多いことの裏返しで、通読し終えると必要十分な知識が身についていることでしょう。その他は特にデメリットがないので、ランキング2位とさせていただきました。
良い点
悪い点
  • 情報掲載量が多い。
  • 通読に時間がかかる。

本テキストを選んだ場合、必要に応じて、以下の「過去問題集」・「直前予想模試」を購入しましょう。

  • 過去問題集
定価ページ数カラー電子書籍
2,750円872p2色
特徴
①過去問合計10年分(本書内:8年分+購入者特典:2年分)を収録
②本書の問題がすべて入ったアプリ付き
③持ち運びに便利な3分冊&背表紙シール付き
④同シリーズ『合格テキスト』にリンク
⑤問題と解説が見開き形式
⑥全問題に重要度ランク(A・B・Cの3段階)を表示
⑦肢別解答率(※LEC独自のデータ)をチェック可能
  • 直前予想模試
定価ページ数カラー電子書籍
1,980円226p2色×
特徴
①模擬試験3回分を収録
②各回に難易度別を3段階(易・普・難)設定
③1問ごとに重要度(A・B・C)と予想正解率を設定
④問題冊子は本試験(取り外し可)仕様
⑤巻頭袋とじ【「大本命5選」&特集「最重要テーマ」】掲載
⑥Web無料採点サービス付き
⑦各回の無料解説講座をWEB視聴可能

早稲田経営出版:2024年度 マンション管理士 管理業務主任者 Wマスターテキスト

著:マン管・管業試験研究会
¥3,410 (2024/07/19 23:23時点 | Amazon調べ)
定価ページ数カラー電子書籍
3,410円676p2色×

早稲田経営出版が出版する基本テキストです。

レイアウト・構成
テキストは黒2色刷りです。
各章に、マン管・管業毎の「重要度(3段階)」が掲載されており、両試験ごとの学習の優先度を整理できます。
項目ごとに、過去5年の出題実績が表記されている他、イラスト図表も適宜挿入されており、本文内の重要語句に青字下線で装飾、側注部分に「Point」・「Keyword」などの補足を入れるなど、メリハリをつけて読み進めることができます。

各単元の最後には、一問一答式の「確認問題」が掲載されており、実戦的な問題を解くことで、テーマごとの最重要ポイントがチェックできます。

ページ数は700p弱で、本記事で紹介するテキストの中で1番文章が少なく、コンパクトです。通読がしやすいので、独学では途中で挫折しがちな方にもオススメです。
デメリット・ランキングの理由
コンパクトなテキストである分、情報量が若干不足する点が気になります。過去問を解いて必要な知識をテキストに書きこむなど、学習方法によってカバーできますし、その他のデメリットはないので、ランキング3位とさせていただきました。
良い点
悪い点
  • コンパクトで通読しやすい。
  • 情報量が少ない。

本テキストを選んだ場合、必要に応じて、以下の「過去問題集」「予想問題集」を購入しましょう。

  • 過去問題集
著:マン管・管業試験研究会
¥4,180 (2024/07/20 11:18時点 | Amazon調べ)
定価ページ数カラー電子書籍
4,180円1,024p2色×
特徴
①2試験の直近5年分(令和元年~令和5年)の本試験問題を分野別・テーマ別で収録
②論点の把握に役立つよう問題ごとにタイトルを記載
③本試験の精緻な分析に基づいた「重要度」を☆マークで明示
④各問題解説の最後に「One Point」として関連知識や重要事項をプラス
  • 予想問題集
著:マンション管理士試験研究会
¥1,980 (2024/07/16 10:54時点 | Amazon調べ)
定価ページ数カラー電子書籍
1,980円224p2色×
特徴
①3回分(計150問)の模試を難易度別(易・標準・難)収録
②巻頭に「最新 主な法改正情報」を掲載

TAC:2024年度版 マンション管理士・管理業務主任者 総合テキスト 上・中・下

著:TAC株式会社(マンション管理士・管理業務主任者講座)
¥1,980 (2024/07/21 02:06時点 | Amazon調べ)
著:TAC株式会社(マンション管理士・管理業務主任者講座)
¥1,980 (2024/07/17 01:22時点 | Amazon調べ)
著:TAC株式会社(マンション管理士・管理業務主任者講座)
¥2,090 (2024/07/17 01:22時点 | Amazon調べ)
引用:TAC出版書籍販売サイト”CYBER BOOK STORE”https://bookstore.tac-school.co.jp/book/detail/110944/
定価ページ数カラー電子書籍
・1,980円
・1,980円

・2,090円
・356p
・336p
・412p
2色×

TACが出版する、W合格用の基本テキストです。

レイアウト・構成
テキストは黒2色刷りです。
各節に、マン管・管業毎の「重要度(特A〜Cの4段階)」が掲載されており、両試験毎の学習の優先度を整理できます。
事例を駆使した「ケーススタディ」による具体的解説の他、図表の挿入、本文内の重要語句の赤字太字の装飾、わかりづらい部分に「先生からのコメント」、重要ポイントに「整理」などの補足を入れるなど、受験生の理解を助ける工夫が凝らされています。

3冊で計1100p程度とボリュームが多く、読み込むことで試験に必要な知識を網羅的に理解できます。
読者特典・その他
「TAC情報会員」へのWeb登録で、法改正情報等を網羅したTACマンション管理士・管理業務主任者講座制作のオリジナルレジュメを無料で入手できます。
デメリット・ランキングの理由
解説がですます調ではなく、やや乱暴に感じる点、イラストやキャラクターは用いられず、説明がやや堅い印象を受けます。TACが出版するテキストでは、「速習テキスト」の方が質が高く、あえて本テキスト選ぶメリットが感じられなかったため、ランキング4位とさせていただきました。
良い点
悪い点
  • 3分冊で情報量が多い。
  • 説明が堅く初学者にはわかりづらい。

本テキストを選んだ場合、必要に応じて、以下の「入門書」・「要点整理本」・「過去問題集」・「総まとめ本」・「予想問題集」を購入しましょう。

  • 入門書
定価ページ数カラー電子書籍
1,980円276p2色
特徴
①フルカラーの「オリエンテーション編」と、「入門講義編」の2部構成
②イラストや板書を使って合格に役立つ知識をスッキリまとめ
  • 要点整理本
定価ページ数カラー電子書籍
2,530円404p2色×
特徴
①1論点・1見開き完結のレイアウト、見やすくわかりやすい暗記本
②「過去8年の出題・重要度」表示付き
③赤シート対応学習対応
④持ち歩きに便利なハンディサイズ
⑤『今年狙われる!!「予想問題」&「重要過去問」一問一答集』を適宜配置
  • 過去問題集
著:TAC株式会社(マンション管理士講座)
¥2,750 (2024/07/22 09:21時点 | Amazon調べ)
定価ページ数カラー電子書籍
2,750円860p2色×
特徴
①過去問合計10年分(本書内:8年分+購入者特典:2年分)を収録
②解答解説はテーマ別に見開き構成に収録
③手軽に持ち運べて使いやすい、分解可能な2分冊セパレート形式
④学習の優先順位を指南する「重要度」(特A〜C)付き
⑤「頻出・ひっかけ・ハイレベル」3種類のアイコンによって各肢を分析
  • 総まとめ本
著:TACマンション管理士・管理業務主任者講座
¥2,090 (2024/07/20 07:46時点 | Amazon調べ)
定価ページ数カラー電子書籍
2,090円300p2色×
特徴
①重要ポイントを“書き込み式”で覚える問題集
②1ヵ月・30日間で、マンション管理士・管理業務主任者試験の全範囲を制覇
③前半に「論点整理」編、後半に「横断整理」編を配置
 ・第1~第20日目で、基本的な個別論点を習得
 ・ラスト10日間で、試験科目間の共通点や項目間の類似点/相違点を横断的に整理

④重要過去問にチャレンジできる「ミニ・テスト」付き
  • 直前予想模試
著:TACマンション管理士講座
¥1,980 (2024/07/16 10:54時点 | Amazon調べ)
定価ページ数カラー電子書籍
1,980円280p2色
特徴
①3回分(計150問)を難易度別に収録
②巻頭に特集『令和6年度本試験・必勝対策』を収録

③問題は取り外して使用可、本番の擬似体験可能
④各回の解説冒頭には『正解・出題項目一覧&成績診断』表を掲載
⑤各問題には「A・B・C」3段階の難易度ランクを設定

住宅新報:2024年度版 マンガはじめてマンション管理士・管理業務主任者(マンガで楽しく!マン管・管業を学ぶ)

Amazon商品ページより
定価ページ数カラー電子書籍
2,970円510p2色×

住宅新報が出版する、W合格用テキストシリーズです。

基本テキストではないですが、受託新報出版が出版するテキストシリーズをまとめて紹介いたします。

レイアウト・構成
入門書としての意味合いが強く、マンション管理士試験の試験範囲の内容を漫画形式で学習できます。

マンガで項目の概要を掴んだ後は、テキスト部分で理解を進められる「二段構え」の構成のため、本テキストのみで試験範囲の全貌を頭に入れることができます。まずは試験範囲を漫画形式で学習したい方は、本テキストの購入を検討しても良いでしょう。
デメリット・ランキングの理由
あくまでも入門書なので、基本テキストとして使用するには情報量が不足します。マンガ形式で学習したい方は候補に入りますが、TACが漫画形式の入門書と基本テキストを出版しており、あえて本テキストシリーズを使用するメリットは感じられいことから、ランキング5位とさせていただきました。
良い点
悪い点
  • マンガ形式で内容を理解できる。
  • 情報量が不足する。

本テキストを選んだ場合、必要に応じて、以下の「要点整理本」・過去問題集」・「直前予想模試」を購入しましょう。

  • 要点整理本※2024年度版は未刊行
定価ページ数カラー電子書籍
2,420円386p2色×
特徴
①過去10年分の出題傾向を徹底的に分析し、重要論点を170項目掲載
②各項目ごとの「見開き完結型」
  • 過去問題集
編集:住宅新報出版
¥2,530 (2024/07/18 19:16時点 | Amazon調べ)
定価ページ数カラー電子書籍
2,530円612p2色×
特徴
①過去8年分(平成28年~最新年度(令和5年))のマンション管理士本試験を収録
②各問に「重要度」マークを3段階で表示
③解説の後に専任講師による「プラスα」の解き方アドバイスあり
④本試験を意識した学習ができる!「マークシート」
  • 直前予想模試※2024年度版は未刊行
著:住宅新報出版
¥1,980 (2024/07/18 19:16時点 | Amazon調べ)
定価ページ数カラー電子書籍
1,980円193p2色×
特徴
①レベル別予想模試(50問×3回)を掲載
②オリジナル成績チェックシート付き
③巻頭特集あり
 1.法改正講座
 2.会計分野で得点力UP攻略法
 3.目で見て覚える建築・設備用語

④読者サービスあり
 ・「問題」ダウンロード
 ・「オリジナルマークシート」ダウンロード

本記事を参考にして、自分に合ったテキストを熟考しましょう。

おすすめのテキストをランキング形式で紹介してきましたが、テキストの好みには個人差もあります。

可能であれば、自ら書店等に足を運んで、テキストを実際に手に取って内容を確かめてもよいかもしれません。それほどテキスト選びは重要なので、本記事の内容もご参考の上で、自分に合ったテキストを選んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次